食欲を抑える方法

我慢できないときにオススメ!

カロリストン

ダイエット

食べたものが無かった事になる!
そんな都合よすぎるサプリが登場!
早くも販売数20万箱突破!
リピート率、満足率90%以上が実力の高さを証明しています。

 

ダイエット

 

粉こんにゃくダイエットシリーズ

ダイエット

おなかの中で最大196倍に膨らむので空腹知らず!
原材料のほとんどが食物繊維のためお通じも良くなり2度おいしいダイエット効果を発揮!
初回限定で送料無料キャンペーン中!

 

ダイエット

食欲を抑えるために大切な睡眠

食欲を抑えるためには、セロトニンというアミノ酸の一種を体内に確保することが重要です。

 

セロトニンは睡眠不足になると不足します。

 

そうすると、精神的に不安定になってしまうでしょう。

 

セロトニンが不足していると、常にイライラしてしまいます。

 

心のバランスが乱れる原因になるので注意が必要です。

 

セロトニンが減少すると満腹中枢も上手く機能しません。

 

したがって、食欲を抑えることができなくなってしまうでしょう。

 

セロトニンが不足しないようにするためには、十分な睡眠時間を確保することが大事です。

 

そして、バランスのよい食生活を行うようにしてください。

 

肉や魚にはセロトニンが多く含まれています。

 

乳製品などにも入っているので積極的に摂取しましょう。

 

また、ストレスを溜めないようにしてください。

 

神経を使って長時間作業を行うと脳には疲れが蓄積します。

 

ストレス発散には運動がおすすめです。

 

晴れの日には外に出て太陽の光を浴びながら運動を行ってはいかがでしょうか。

 

また、マッサージや好きな音楽を聴くこともよいでしょう。

 

神経を使うものといえば、勉強やゲームです。

 

夜遅くまで行わないようにしてください。

 

脳は興奮した状態のままでいると、摂食中枢が刺激を受けます。

 

そうなると、満腹を判断して食欲を抑えるレプチンという物質が減ってしまいます。

 

それとは逆に、胃ではグレリンという食欲を増進する物質が作られています。

 

睡眠が足りなくなると、メラトニンというホルモンも不足します。

 

満腹の判断が鈍る原因になるので、十分な睡眠時間を確保することが大事です。

 

血管年齢を若くする方法