飲酒時に食欲を抑える効果的な方法

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

飲酒時に食欲を抑える効果的な方法

アルコールは飲み方に注意する必要があります。

 

アルコールが好き過ぎると、食欲を抑えるのは難しくなるでしょう。

 

また、空腹の状態で飲酒をすることもおすすめできません。

 

空腹の状態で飲酒をすると胃酸の分泌が活発になります。

 

食欲を抑えることが難しくなる可能性が高いです。

 

美味しいお酒を飲むと食が進むといわれているのはこのためです。

 

飲酒量は1日に30ミリリットル程度であれば問題ありません。

 

血管の中の血栓を溶かしてくれるので血液量も増えるでしょう。

 

全身の血行促進にもつながります。

 

脳の緊張も緩和されます。

 

全身のリラックスにつながるでしょう。

 

15パーセント程度の度数が胃の中にある状態を保つのがおすすめです。

 

殺菌作用が働いて、身体にもよいでしょう。

 

また、飲むお酒の種類にも注意しなくてはなりません。

 

炭酸ガスやホップが含まれていたものは止めましょう。

 

これらは胃壁を強く刺激するため、食欲を抑えられなくなる可能性が高いです。

 

ダイエット中の人は一緒に食べるおつまみにも気をつけることが大事です。

 

ナッツ類はビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富です。

 

コレステロールを抑えてくれる働きもあります。

 

しかし、高カロリーなので摂取しない方がよいでしょう。

 

ピスタチオやカシューナッツなどの食べすぎには注意が必要です。

 

肝臓に負担をかけない低カロリーのおつまみを選ぶことが大事です。

 

アルコール代謝を活発化させるおつまみを選択しましょう。

 

ダイエット中の人はアルコールを200カロリーまでに抑えるようにしてください。

 

そして、おつまみは400カロリーまでに設定しておくと安心です。