香りを利用して食欲を抑える方法

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

香りを利用して食欲を抑える方法

香りを活用して食欲を抑えることができます。

 

脳にある摂食中枢は食べる意欲をコントロールするところです。

 

ペプチドを増やして、食べたいという意欲を抑えるようにしましょう。

 

ペプチドはアミノ酸の集合体です。

 

科学的にも証明されている香りであれば、効果的に増やすことができるでしょう。

 

特にバチェリーがおすすめです。

 

これはシソ科の植物です。

 

木の香りがするため、空腹のイライラを抑えることができます。

 

同じように、シダーウッドやサンダルウッドも木の香りがするので似たような働きをします。

 

人によっては木の香りが苦手な人にいるでしょう。

 

そのような場合は柑橘系の香りを活用してください。

 

オレンジなどの柑橘系の香りも食欲を抑える際に有効です。

 

グレープフルーツなどの香りも効果がるので利用してみましょう。

 

柑橘系の香りは夏バテなどの時にも使われます。

 

香りによって交感神経が活発化します。

 

新陳代謝が促進されるのでデトックスやダイエット効果もあるでしょう。

 

利尿作用が高まることも忘れてはなりません。

 

フェンネルもまた食欲抑制に効果的です。

 

フェンネルはハーブの仲間です。

 

女性ホルモンと似た働きをするといわれています。

 

月経痛や更年期障害を緩和するという効果もあるので、悩みを抱えている場合は積極的に利用するようにしましょう。

 

また、むくみやセルライトも解消できます。

 

このような香りはアロマポットなどを利用して楽しむようにしてください。

 

精油をハンカチやティッシュに数滴垂らして持ち歩くというのもおすすめです。