生理中の食欲を抑える際に役立つ方法

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

生理中の食欲を抑える際に役立つ方法

ダイエットをしている場合、ごはんやパンなどの炭水化物を制限している人もいるでしょう。

 

しかし、血糖値を維持するためには必要な栄養素です。

 

極端に減らすとよくありません。

 

血糖値を一定に保てるようにしておいてください。

 

生理前にはついつい過食してしまう人が多いようです。

 

甘いものを我慢できずに食べてしまいます。

 

しかし、甘いものを食べると血糖値が上昇します。

 

血糖値が急激に上昇するので、その後は急に低下します。

 

したがって、一時的には満腹感を得られますが、すぐに空腹を感じてしまうかもしれません。

 

血糖値の変動を抑えるためにも、180分おきに炭水化物を含む食事を食べましょう。

 

また、甘いものの変わりに果物を食べるのがおすすめです。

 

さらに、ストレスを発散することも大事です。

 

適度な運動を行うようにしましょう。

 

そして好きな音楽を聴くなどの方法もよいかもしれません。

 

生理中の食欲を抑えるためには女性ホルモンについても知っておくことが重要です。

 

卵巣から分泌されるホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあります。

 

エストロゲンは生理が始まると分泌されるホルモンです。

 

妊娠ホルモンといわれているのはプロゲステロンです。

 

生理前に分泌されることを覚えておきましょう。

 

このホルモンは体内の水分を保つ働きをします。

 

しかし、過剰に分泌されると血糖値が低くなるので注意が必要です。

 

自律神経の乱れにもつながります。

 

この状態でブドウ糖不足が起こると食欲を抑えることはできません。

 

さらに、ストレスを抱えていると食欲が増進します。

 

通常は一日三食ですが、食事回数を増やしましょう。

 

そして、一回の食料を減らすことをおすすめします。