妊娠時に食欲を抑えることの重要性

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

妊娠時に食欲を抑えることの重要性

妊娠時、食欲に任せて食事を続けていると過食気味になります。

 

妊婦に必要なカロリーは決まっています。

 

参考にしながら必要な栄養素をバランスよく摂取して行きましょう。

 

妊娠時にはつわりの症状があります。

 

食欲がなくなる人が多いようです。

 

しかし、人によってはずっと食べ続けてしまうこともあります。

 

欲を抑えることが難しい人もいるかもしれません。

 

太り過ぎてしまうと妊娠高血圧症を発症する可能性もあります。

 

食事は一日三食にしましょう。

 

そして、決まった時間に食べるということが重要です。

 

どうしても食欲を抑えることが止められない場合は、こんにゃくや昆布がおすすめです。

 

低カロリーの食べ物を選ぶようにしましょう。

 

妊娠後期になると、糖分が不足します。

 

糖分は赤ちゃんの成長に欠かせません。

 

しかし、甘いものを食べると出産が厳しくなる可能性もあります。

 

食前にお茶やスープを飲んで空腹を乗り越えるようにしましょう。

 

妊娠中は赤ちゃんに栄養分や水分を運びます。

 

血液の循環が活発になることを覚えておいてください。

 

そのため、貧血に悩まされる人も多いようです。

 

鉄分は不足しがちになります。

 

食欲を抑えることも大事ですが、鉄分を含んだ大豆やレバーを積極的に摂取しましょう。

 

また、カルシウムも必要不可欠です。

 

カルシウムは骨や歯を作ります。

 

牛乳を飲んだり、小魚を食べたりしましょう。

 

そして、ビタミンCにはストレスを軽減する働きがあります。

 

いちごやさつまいもを食べるようにしてください。

 

胎児の神経や脳の発達には葉酸が重要です。

 

ブロッコリーやバナナから摂取することをおすすめします。