食欲を抑えるスプレーを利用した過食防止策

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

食欲を抑えるスプレーを利用した過食防止策

脳には食欲中枢があります。

 

食欲を上手に抑えるためにはセロトニンに関する知識を身につけておかなくてはなりません。

 

セロトニンとは神経伝達物質です。

 

セロトニンは感情や食欲に影響を与えます。

 

精神を安定させる働きを担っているものです。

 

この物質が不足してしまうと、精神疾患にもなりやすいでしょう。

 

また、ストレスや感情の変化に伴い、満腹中枢がおかしくなる可能性も高いです。

 

食事への欲を抑えるためにもセロトニンが必須であることを覚えておきましょう。

 

セロトニンは脳のほうせん核で作成されます。

 

首を回すなどの簡単な動きにもセロトニンは必要です。

 

セロトニンを生成するためには、必須アミノ酸であるトリプトファンを摂取しなくてはなりません。

 

これは食べ物で補う必要があります。

 

生活習慣が不規則な場合は、規則正しい生活習慣に整えることが大事です。

 

最近は美容外科やクリニックなどでも、舌下スプレーの「3F」が使われています。

 

これは食欲抑制剤です。

 

セロトニン生成に必要な栄養素が含有されているでしょう。

 

また、柑橘系の風味で好評です。

 

一日に五回利用しましょう。

 

そして、空腹時に三プッシュするだけで構いません。

 

それだけで食べたいという意欲を抑えることができます。

 

さらに長時間使用しても構いません。

 

副作用がないところも魅力です。

 

リバウンドの予防としても活用するようにしましょう。

 

また、スプレーと共に脳の中枢神経をコントロールするために、癒し効果の高いアロマや運動も取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ラベンダーの香りも効果的です。

 

そして、15分以上のウォーキングもおすすめです。