食器の工夫で行う食欲の抑え方

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

食器の工夫で行う食欲の抑え方

食欲を抑えるためには食器にも工夫をする必要があります。

 

料亭やレストランのような食器では食事も進んでしまうでしょう。

 

安価な食器を使ってみてはいかがでしょうか。

 

しかし、人によっては安価な食器を使いたくないかもしれません。

 

そのような場合は小さめの器を利用しましょう。

 

そうすることで、自分の感覚を誤魔化すことが可能です。

 

過食気味にある人は大きめの器に盛り付けがちです。

 

おかわりをよくする人は何度も盛り付けが面倒なので、大きな皿を使ってしまうようです。

 

食欲を抑えるためには、一気に食べたいという気持ちを抑える必要性があるでしょう。

 

しかし、自分の胃はなかなか小さくすることが困難です。

 

したがって、器を小さくして盛り付ける量を工夫しましょう。

 

盛り付け量は通常の8割くらいで盛り付けるのが理想です。

 

小さな器いっぱいに盛り付けると、見た目ではたくさん盛り付けられているように見えます。

 

同じ量でも大きな器に盛り付けると、妙に少なく感じてしまうでしょう。

 

このように、心理的な効果を活かして、料理を盛り付けることが大事です。

 

しかし、盛り付け量を極端に減らしてしまうとストレスになります。

 

適度な量を心がけるようにしてください。

 

病院や学校で使われるようなプラスチック製やメラニン樹脂の食器の場合、栄養価が高くても、食欲はあまりそそられません。

 

この効果を家の食事でも実行しましょう。

 

そして、このように食器が与える影響の大きさも覚えておくようにしてください。