無理な食欲抑制が引き起こす拒食症

我慢できないときにオススメ!

食欲を抑える
食欲を抑える

無理な食欲抑制が引き起こす拒食症

無理なダイエットを行うと、拒食症や過食症などの摂食障害になる可能性があります。

 

拒食症は極度に痩せた状態です。

 

大幅に体重が減少します。

 

しかし、本人は痩せているとは感じていません。

 

太っていると思い込むため、精神障害になる可能性もあるでしょう。

 

また、睡眠障害の可能性もあります。

 

慢性になると、不整脈が心配です。

 

突然死の恐れもあるので、早めに症状を解消しておく必要があります。

 

拒食症とは空腹の状態が続くことです。

 

常に食べ物のことばかりを考えるようになるでしょう。

 

カロリーを常に計算し始めます。

 

料理のレシピを集めて、食材を買い込む傾向にあります。

 

しかし、拒食症のため食べきれずに、食材を腐らせてしまうことも多いようです。

 

症状も人によってさまざまです。

 

場合によっては食欲を抑えることができません。

 

このような場合は、食べた後に嘔吐や下痢をしてしまいます。

 

そして、食欲を抑えることもできていないのに、食事制限を始めます。

 

満腹感を得ることもないのに、利尿薬を服用する人もいるでしょう。

 

拒食症は食欲を抑えることができないという症状の他にも、いろいろな問題があります。

 

電解質や水分のバランスが乱れてしまいます。

 

心臓の機能も弱まります。

 

さらに脱水症状や失神を起こしやすくなります。

 

後遺症として胃酸過多状態になるでしょう。

 

そして、骨も折れやすくなり、骨粗鬆症になってしまいます。

 

拒食症になりやすいのは、社会的にも経済的にも恵まれている人です。

 

知的で几帳面な女性は注意しましょう。

 

衰弱するまで周りからも気づかれないため、症状が進行してしまう可能性が高いです。